株式会社北工房

札幌市の定建築物定期報告は「株式会社 北工房」にお任せ下さい。設計事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建築物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

もし特定建築物定期報告の時期が近づいてきたら、法律上必ず報告しなければならないので、無視しないようにしましょう。デパートや百貨店、そして学校や病院などといった大型施設は、特定建築物定期報告をするためにも、どこの業者と提携すれば良いのかを考えておく必要があります。基本的には、施設の造りなどをしっかりと理解している、建築設計事務所にお願いするのがお勧めです。建築設計事務所なら、非常口や換気口などを含めた、絶対に見ておかなければならないところを、見逃さずにチェックしてくれるので、安心して任せることができるでしょう。また、素人判断せずに、選ばれ続けている建築設計事務所を選ぶのがベストです。今まで幾度と無く特定建築物定期報告をしてきた、実績のある事務所を選ぶように心がけることが、重要となります。そのためにも、ある程度噂話を確認し、選ばれ続けているところがわかったら、ホームページをチェックしてみましょう。ホームページでは、今までの特定建築物定期報告の事例が確認できることがあります。どこの施設の定期報告に携わってきたのかをチェックすれば、実力のある業者かどうかというのが概ねわかるはずです。また、当然ながら料金もかかりますが、その料金に関してもホームページで確認できるでしょう。ホームページでチェックできる料金に関しては目安なので、あまり鵜呑みにせず、実際に現場に来てもらい、見積もりを出してもらってから考えるのが妥当です。基本的には、延べ床面積が広い大型施設になればなるほど、高額な金額になります。こちらの予算を早めに伝えて、その予算内で調査してもらうことが可能かどうか、教えてもらうと良いでしょう。1つの業者だけで結論を出さず、できればいろいろな業者に見積もり金額を出してもらって、その上で比較することも大切です。調査が終わった後も、何かあったときにすぐサポートしてくれるような、アフターフォローも万全の業者にお願いするのが妥当だといえます。
Tagged on: ,株式会社北工房